2018年09月30日

「はじての遺言書教室」のご案内

こんばんは。人生100年時代のパートナー 川崎市宮前区の遺言・相続専門の女性行政書士 宇佐美です。

10月28日(日)に「はじめての遺言教室」を開催します。

参加料:無料
日時:平成30年10月28日(日)13:30〜15:00
場所:まちなかbizあおば (東急田園都市線「たまプラーザ」駅北口より徒歩 5 分 「昭和調剤薬局」のお隣・「城南信用金庫」向い)
参加費:無料

オリジナルの解りやすいテキストを使って相続の簡単な流れと遺言書の書き方をお話しします。お友達も誘ってお気軽にご参加ください。定員がございますので、申込フォームもしくはお電話にてお申込みください。
参加される方でご希望がございましたら個別相談も承ります。お申し込みの際に「個別相談も希望」とお伝えください。

詳しい内容はチラシでご確認ください。

遺言・相続のご相談は「かわさき相続相談室 宇佐美行政書士事務所」へお問合せください。
posted by こうさぎママ at 21:16| Comment(0) | セミナー

2018年09月24日

任意後見制度ってご存知ですか?

こんばんは。人生100年時代のパートナー 川崎市宮前区の遺言・相続専門の女性行政書士 宇佐美です。

「任意後見制度」ってご存知ですか?
「任意後見」は、本人がまだ契約の締結に必要な判断能力を有している間に、将来自己の判断能力が衰えた時(認知症など)に備えて、あらかじめ支援者(任意後見人)を信頼できる人に、将来の財産管理や身の回りのことについて何をどう支援してもらうか、を自分で決めておくことができる制度です。

おふとりさま、お子さんのいらっしゃらないご夫婦にはとてもおすすめの制度です。
でも、まだあまり知られていません。
認知症になっても、財産が守られて、いろいろな手続きを代わってすすめてくれて、自分が望んでいた生活をおくれるとしたら安心ですね。
認知症になっても、感情は残ります。私の母がそうでした。優しくないヘルパーさんが来ると「あんた嫌い!」と言って怒った顔をしてました。優しいヘルパーさんだと、笑顔を見せてました。あなたは嫌な人に、自分の最後を託せますか?
法定後見では、後見人を自分で選ぶことができません。
ご自分の将来に不安だと、楽しく過ごせません。不安な方がまずやるべきことは、「相談すること!」

1.地域でやっているセミナー相談会や講演会に参加する
2.地域包括支援センターへ相談する


もちろん、一般社団法人コスモス成年後見サポートセンターでも電話で相談を受け付けております。
かわりどころとしては、しんきん成年後見サポート なんと信用金庫さんたちが集まってが作った組織です。

とりあえず情報が欲しい方はまずは、法務省のパンフレットをお読みください。これはわかりやすいのでおすすめです。

お子さんがいないご夫婦、独身の方は、遺言書と一緒に「任意後見契約書」の作成をお勧めいたします。
うちの場合は必要かしらと思われたら、「かわさき相続相談室 宇佐美行政書士事務所」へお問合せください。

posted by こうさぎママ at 21:33| Comment(0) | 後見

2018年09月14日

遺言書にないタンス貯金がでてきたら

こんばんは。人生100年時代のパートナー 川崎市宮前区の遺言・相続専門の女性行政書士 宇佐美です。

今日は、鷺沼駅住まいと暮らしのコンシェルジュの2階セミナールームでこがも会のセミナーを行いました。タイトルは「相続税が心配 〜相続税はかかる?かからない?〜」でした。ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

「遺言書に書かれていない、たんす貯金がでてきたらどうすればいいの?」
私の母は2月に亡くなりましたが、やはりたんす貯金でてきました。高齢者の方はたんすやベッドの下などに現金をおかれていたりしますよね。遺言書に書かれていない財産は、遺産分割協議の対象になります。
つまり、相続人全員でどう分けるかを話し合って、全員の合意を得なければならないのです。時間もかかりますし、面倒ですよね。せっかく書いた遺言書がきっかけで、残されたご家族がもめることだってあり得ます。では、どのように書けばよかったのか?

「その他の現預金は、△△に相続させる」「その他の現預金は、法定相続分通りに相続させる」などが考えられます。
相続はご家庭によって事情が違います。うちの場合はどうなるのかしら?と迷われたらご相談ください。

遺言・相続のご相談は「かわさき相続相談室 宇佐美行政書士事務所」へお問合せください。





続きを読む
posted by こうさぎママ at 22:00| Comment(0) | 遺言