2020年05月21日

コロナの融資相談

こんばんは。人生100年時代のパートナー 川崎市宮前区の遺言・相続・後見専門の女性行政書士 宇佐美です。

4月12日のブログで、行政書士は日本政策金融公庫の新型コロナウイルス感染症特別貸付の支援をしていまうよとご案内しました。

まちなかbizあおばの会員様向けに、5月2日の15時半から2時間ちかく社労士の小嶋さん、中小企業診断士の藤村希さんと3人でコロナでの売り上げ減少に悩む方対象にミニセミナーと相談会を実施しました。あまりの質問の多さにびっくりしました。その前後しばらくの間、たくさんの無料相談に対応させていただきました。なかなか問い合わせ先に電話してもつながらず不安に思われている方もたくさんおられました。
できる限り調べたり、問い合わせをしてお答えいたしまいたが、現状ではお答えできないものも中にはありました。あれから3週間、持続化給付金のホームページも日々更新されております。まだ申請されていない方、申請できるか悩んでおられる方は是非まめにチェックされることをおすすめします。
※無料相談は現在終了しております。
融資のご相談はこちらのPDFをご覧ください。

うれしい報告も届いています。一つご紹介しますね。

公庫の新型コロナウイルス感染症特別貸付をお手伝いをした「三丁目カフェ」のオーナー大野様から公庫から入金ありましたとご連絡ただいきました。
大野さんはクラウドファンディングも立ち上げ成功されています。

カナコロの記事

タウンニュースの記事

yahooニュースの記事

他にも動画配信されております。

大野様は3月の半ばから動きはじめてらしたので、融資も早くおりました。「宇佐美さんのおかげですよ」と似顔絵のスタンプが送られてくると本当にうれしい。
また三丁目カフェで、まちbizの皆さまと乾杯できる日まで頑張りましょう。

売上減少に悩んでいるたまプラーザの経営者の方、個人事業主の方は宇佐美行政書士事務所へご相談ください。
posted by こうさぎママ at 00:00| Comment(0) | お知らせ