2020年08月30日

生年月日はいつですか?

こんにちは。人生100年時代のパートナー 川崎市宮前区の遺言・相続・後見専門の女性行政書士 宇佐美です。

今月は、被後見人さんのお誕生日でした。
入所されているホームへ予約をいれておいたので、面会に行きました。
「どうして変なものが前にあるの?。見えづらいし、聞こえにくいわ。」
「この前もそう言ってたね。コロナの感染予防のためだから我慢してね(仕切り越しにトントンとして手と手を合わせる)。」
「お誕生日おめでとうございます。頼まれていたものを持ってきましたよ。」
「覚えていてくれたの? 今日はね、いろんな人がおめでとうって言ってくれたんですよ。自分はすっかり忘れていたのにね。」
今まで見たこともない笑顔です。
ひとりでずっと生きてきた彼女。
ホームにいると、一日中誰ともしゃべらないってことはない。
大好きな鰻は食べれないけど、こんなにたくさんの人からおめでとうって祝ってもらえる。
自分がもし、その日会う人会う人に「お誕生日おめでとう」って言ってもらえたら、とっても嬉しい。
コロナ禍の中、がんばって施設を探してよかった。

お誕生日は、たくさんの書類にかいたり、病院へ付き添ったりするときに、「お名前と生年月日は?」と聞かれるので、自然と覚えます。
来年も元気でその笑顔みせてくださいね。
また来月会いに行くから待っていてください。

遺言・相続・後見のご相談は「かわさき相続相談室 宇佐美行政書士事務所」へお問合せください。
posted by こうさぎママ at 16:24| Comment(0) | 後見