2018年07月28日

主人と同じ墓に入りたくない

こんにちは。川崎市宮前区の遺言・相続専門の女性行政書士 宇佐美です。

今日は、三ツ沢の老人ホームでの相続セミナーにアドバイザーとして参加予定でしたが、あいにくの台風で延期になりました。

さて、今日のタイトルは「主人と同じ墓に入りたくない」
ちょっと強烈なキーワードです。でも、珍しくないかもしれませんね。

「死んでまで一緒に居るのは嫌だ」
「親戚とうまくいってないから、嫁ぎ先の墓ではなく、自分の実家の墓に入りたい」
ずっと内助の功で通っていた方は「死んでまで世話をしたくないから、お墓は別にしてのんびりしたいわ。」とおっしゃてました。

みなさん理由は様々でしょう。いずれも、長い結婚生活の中で生まれた気持ちです。
法的には問題はありません。
ただし、残されたお子様は「そうはいってもね・・・」と戸惑われるでしょうから、あらかじめ、ご自分で具体的に「この霊園で個人の墓」などと決めておかれておくとでしょう。
ご実家の墓に入るのならば、墓を管理される方にお話をしておきましょう。

遺言書にお墓のことを書くには、付言や負担付贈与などがあります。迷われたらご相談ください。

遺言・相続・後見のご相談は「かわさき相続相談室 宇佐美行政書士事務所」へお問合せください。



posted by こうさぎママ at 13:53| Comment(0) | 遺言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: