2019年05月26日

介護費用を記録しよう

こんばんは。人生100年時代のパートナー 川崎市宮前区の遺言・相続専門の女性行政書士 宇佐美です。
先週の遺言教室にご参加くださった方々、ありがとうございました。宿題の遺言整理帳はわからないことがございましたら、ご連絡ください。

今日も暑い一日でした。昨日は、弟が久しぶりに電話をしてきました。「暑いけど、バテてへんか?今、お母さんのお墓掃除にきてるねん」
「暑いのに、ありがとうね」「今日のお昼ご飯はなに? お父さんはちゃんと食べてる?」 なんてたわいのない会話をしました。
離れて暮らす家族になにかあるときは、電話も暗いものになります。でも、元気にしてるときは声が明るいので安心します。父の介護を毎日がんばってくれる弟に感謝です。


介護で一番大変なのは、やはりお金の問題でしょう。
要介護5の母を自宅介護しているときも、その後施設に入った後も、毎月かかる費用は母の年金で賄えるものではありませんでした。それが、いつまで続くのか、お金と体力、気力は毎日消耗していきます。
母の時は、父が介護費用の管理をしていました。
介護費用は、家計簿と同じように記録していました。
もちろん、おむつ代などの領収書もきちんと保管。

もし、ご家族の介護をされているなら、今は家計簿アプリを応用して活用する方もいらっしゃいます。
自分の楽な方法で、記録は残しておきましょう。
相続法の改正で特別の寄与の制度の新設がされました。施行はまだですが、被相続人に尽くした相続人以外の親族の苦労が報われることが期待されます。相続人ともめないためにも記録は残しておくことをおすすめします。

遺言・相続・後見のご相談は「かわさき相続相談室 宇佐美行政書士事務所」へお問合せください。
タグ:介護
posted by こうさぎママ at 19:03| Comment(0) | 介護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: