2019年06月23日

契約トラブルに巻き込まれないための「きりふだ6ヶ条」

おはようございます。人生100年時代のパートナー 川崎市宮前区の遺言・相続専門の女性行政書士 宇佐美です。

先週、高津区の地域包括さんの会議に出席してきました。そこでいただいたのが「悪徳商法の手口から身を守りましょう」と書かれたパンフレットやグッズです。
teruminyachan.JPG


IMG_0246.jpg

かわいい猫ちゃんは「てるみーにゃ」という名前です。
テレビでも高齢者詐欺にあわないでくださいねと特集をやってます。
訪問販売をしていた方(詐欺師じゃありません)に伺ったのですが、どんなお宅が話を聞いてくれるか、外からみてわかるそうです。
知らないうちに狙われることがあるんです!

パンフレットには契約トラブルに巻き込まれないための6ヶ条が書いていました。
1.いらないときは「いりません」とはっきり断る!
2.サイン、押印は慎重に! 口約束も要注意
3.うまい話しに安易にのらない!
4.買う前に家族や友人に相談を!
5.契約書のないい用はよく確かめて!
6.前払い、クレジット購入は慎重に!
(川崎市消費者行政センターパンフレットからの抜粋)

確かにそうですが、おひとりで暮らしてる高齢者で孤立している方は、誰に相談するのかな?
一日誰とも話さない。出かけない。
地域での見守り対象になっていない方が気になります。

先日も「行政書士さんってなにができるの?」と聞かれました。
「どこに相談したらいいかわからないことは、とりあえず聞いてみてください。必要なところへつなぎますよ。」と答えました。
暮らしの中での不安、困ったこともお気軽にご相談ください。

たまプラーザで一番身近な行政書士
宇佐美行政書士事務所へのお問合せはこちらから


posted by こうさぎママ at 06:54| Comment(0) | 後見
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: