2019年12月01日

遺贈寄付をお考えの方へ

こんばんは。人生100年時代のパートナー 川崎市宮前区の遺言・相続・後見専門の女性行政書士 宇佐美です。

11月22日に遺贈の勉強会にオブザーバーとして参加しました。
受講生の皆さまとても熱心に聴いていただきありがとうございました。

このところ、亡くなったあと寄付をしたいというご相談が増えています。

ユニセフのパンフレットを見ると3つの寄付方法が挙げられています。

1.ご自身の遺産を寄付
2.故人の財産を寄付
3.香典返しに代えて寄付

先日、友人のお母様が亡くなったあと、ユニセフに寄付しましたというお礼状を受け取りました。これは3番目のパターンですね。

「恵まれない子供たちに寄付したい」「お世話になった団体に寄付したい」「母校に寄付したい」
どことは決めていないけど、役に立つように使って欲しい場合もあるでしょう。

遺言書で遺産を寄付することは「遺贈」と言います。
遺贈は、自筆遺言でも可能ですが、法的に有効な遺言書であることが重要です。ですから公正証書遺言がおすすめです。
次に、遺言執行者を決めておくこと。想いを実現してくれる人が必要です。
できれば、遺贈することを前もって寄付先へ相談されておくとよいですね。
現金以外は断られる可能性大です。

遺贈先がトラブルに巻き込まれないように、遺留分にも配慮しておくとよいのですが、ご事情もおありでしょう。
また、遺贈先もいろいろございます。
遺贈寄付をお考えの方は、宇佐美行政書士事務所へご相談ください。
posted by こうさぎママ at 21:34| Comment(0) | 遺言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: