2019年12月29日

おひとりさまの海洋散骨

こんばんは。人生100年時代のパートナー 川崎市宮前区の遺言・相続・後見専門の女性行政書士 宇佐美です。

先日、遺言案の作成をご依頼いただいた方がお亡くなりになり、散骨に行ってきました。
その方は、遺言教室にご近所の方と参加してくださったのがご縁でした。その後もおひとりさまの終活セミナーにもご参加くださいました。いつも、息子は詐欺の黄色いバックを提げていらしたのが印象的でした。

息子は詐欺バック

「もっと早く遺言書を作りたかったんだけどね」と事務所へ来られたときもこのバック。
違っていたのは、とても痩せてらしたこと。
それから2週間後、余命宣告をされたと連絡がありました。
急いで、公正証書遺言案を作成し、公証人の先生に病室へ来ていただいて無事公正証書遺言ができました。
その後、ご親族ともお話をし、もしもの時は私が病院へ駆けつけることになりました。
もしもの時は、思いのほか早く訪れました。
ロッカーにはボストンバックと黄色のバックが入っていました。切なくなりました。

ご葬儀も参列させていただき、散骨もお誘いいただきました。

ぷかり桟橋

10時半にみなとみらいのぷかり桟橋に集合。2海里先まで船で行き、そこで散骨。
「個人は世界旅行に出られました。海を見たら思い出してください。」船主の言葉は、葬儀の際にご親族が「兄は遠くに旅行にいったと思うことにしました。」とおっしゃったのと重なり、胸がつまりました。

ご一緒したボランティア仲間の方から「おひとりさまの最期の見本を見せていただきました。」と聞いて、最期のお手伝いできてよかったと心から思いました。
おひとりさまは、最期まで人に心配をかけたくない。迷惑をかけたくないと思うのだと、教えてくれたS様。
きっとあちらでも人のために働いてらっしゃるのでしょうか。
ご冥福をお祈りします。

遺言・相続・後見のご相談は「かわさき相続相談室 宇佐美行政書士事務所」へお問合せください。
年末年始の12月28日から1月4日まではお休みとなります。
posted by こうさぎママ at 00:06| Comment(0) | 終活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: