2020年09月05日

献体登録

こんにちは。人生100年時代のパートナー 川崎市宮前区の遺言・相続・後見専門の女性行政書士 宇佐美です。
おひとりさまの終活として”献体登録”を考える方いっらっしゃいますか。

ひとりさま、お子さんのいないご夫婦の場合、親族に迷惑をかけたくない。
という理由で検討をされていると思います。実際、献体登録される数が増えています。

では、実際にお亡くなりになったあとはどうなるか。

1.献体登録をしている大学事務局へ電話で連絡します。

2.献体登録番号を聞かれます。

3.確認がとれれば、担当者から電話があります。
  コロナ禍の中では、コロナ感染の有無を病院に確認し、疑いがあれば献体できません。

4.「ご遺族は献体に賛成されていますか」と質問されます。登録をする際にも同意書を提出しますが、再度確認されます。
  次に「お別れの会をされますか? そのままご遺体を引き取りを希望されますか? 病院はいつまで預かってくれますか?」

5.お別れの会、つまり葬儀をしてから献体もOKです。
  その場合は、ご遺体が傷まないように葬儀屋さんにお願いします。
  そのまま引取をを希望すると、業者を手配して病院までお迎えにきてくれます。

6.死亡診断書の写しを業者へ渡します。
  大学から「解剖に関するご遺族の承諾書」等の書類が送られてくるので、記入して押印の上、埋葬・火葬許可証と一緒に返送します。

ここで、問題です。
遺骨になるまでの期間が1〜2年。長いと3年後になります。
築地本願寺で年に1度、法要があり大学から案内がきます。
その場合、ご遺族も高齢であることがほとんどでしょう。
では、ご遺族が遺骨の引取を希望されない場合はどうなるのでしょう。
その答えはこちらに記載されてました。
東京医科歯科の会報
日本大学医学部白菊会

もし献体を考えておられるのなら、納骨までしっかり考えて、ご親族に伝える必要があるのではと思います。
先ほどの会報には、いろいろな情報や、登録されている方の寄稿がありますので、参考になさってください。
またこちらの本もおすすめです。
献体

献体登録をしても、実行してくれる人がいないと成就しません。
献体登録証は大切なものと一緒にして、わかるようにしておきましょう。

遺言・相続・後見のご相談は「かわさき相続相談室 宇佐美行政書士事務所」へお問合せください。



posted by こうさぎママ at 11:21| Comment(0) | 終活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: