2019年11月11日

父の入院

こんばんは。人生100年時代のパートナー 川崎市宮前区の遺言・相続・後見専門の女性行政書士 宇佐美です。

父が手術するので、大阪へ1週間帰ってました。
これで6度目の手術。もうベテランさんの域ですが、こればっかりは何度やっても大変な思いをします。

4日、タクシーを呼んで9時半に入院。
祝日なので入院窓口は空いていません。救急窓口の横に臨時で長机があって、職員さんに「診察券、保険証、入院契約書・入院時の確認書など」を渡します。
入院契約書には、もちろん身元引受人の署名・押印をしておきます。

職員さんに連れられて、病室へ。そこからの手順は以下の通りでした。
1.病棟の看護師さんから、お部屋の説明
2.検温、採血
3.日常生活のアンケートを記入し、担当看護師さんがそれを元にヒアリング
  主な介護者、要介護度、介護保険の利用状況、ケアマネの連絡先等々
4.担当医の説明
5.執刀医の説明
6.麻酔医のヒアリング
7.薬剤師のヒアリング(服用薬の確認)
8.ICUの看護師からの説明
9.手術室の看護師からの説明を受け、下着・歯磨き粉・腹帯・ティッシュに名前を書く。

16時にやっと終了。入院の日は、やることがいっぱいで疲れました。
前回の手術のときは、これに栄養士の話と臨床心理士の話がありました。

家族がいない人だと、具合が悪い中でも全部ひとりで対応するのだろうか。
手術前の不安な気持ちを受け止めてくれる誰かがいるのだろうか。
父の介護をずっとしている弟はおひとりさまです。
私は、弟より長生きするぞと心に誓いました。

おひとりさまで入院を控え不安な方、宇佐美行政書士事務所へご相談ください。





posted by こうさぎママ at 20:53| Comment(0) | 日記

2019年08月06日

幸せのおすそわけ

こんばんは。たまプラーザの女性行政書士 宇佐美です。

昨日は、打ち合わせのはしごでした。終わる直前、お友達から「お茶しませんか」とメッセージがきました。
仕事帰りの彼女は、その日も明るいピンクのジャケットを着てました。ビタミンカラーが似合う女性です。私は相変わらず、暗い色のお洋服。実は、彼女を見習って明るい黄色のブラウスと白いパンツを買ったけど、なんだか気恥ずかしいくてまだ着てません。

おいしいケーキセットをふたりで食べて、おしゃべりをして、会計へ。
「今日は私が出すわね。」
「いやいや、それは・・・」
「実はね、今日お誕生日なの。一緒に居てくれてありがとう。それにね、孫も生まれて、念願の本も発売するし、幸せだから、うさちゃんにもおすそ分け。」
思わずハグしました。
素敵すぎる。
私も幸せをおすそ分けできるひとになりたい。

「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」
草刈マーサ 著
是非、お読みください。読み終わったら笑顔になってますよ。

宇佐美行政書士事務所は、がんばる女性の起業支援も行っております。
posted by こうさぎママ at 21:03| Comment(0) | 日記

2019年06月05日

訴訟最終告知が来た!

こんばんは。人生100年時代のパートナー 川崎市宮前区の遺言・相続専門の女性行政書士 宇佐美です。

夕方、事務所へ戻ったらから留守電が入ってました。
「あれ? 至急電話してくださいってなにかあったのかしら?」
「裁判所から債権がなんとかって通知がきたので、みて欲しいです。」
「えー!!」
もちろん走って行きました。
「これです」
「葉書・・・」
今はやりの詐欺葉書でした。
ほっとしました。これとは違うけど似たような葉書です。↓
http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/syouhi/soudan_menu/1013115.html
裁判所は葉書で通知してきません!

一瞬、パニックになりますよね。
詐欺だとわかって、安心されました。
「いざというときに相談できてよかった」と喜んでいただけました。
私も頼っていただけてよかった。
たまプラーザで一番身近な行政書士に、お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。



posted by こうさぎママ at 23:08| Comment(0) | 日記