2019年06月30日

銀行の手続きは時間がかかる

こんばんは。人生100年時代のパートナー 川崎市宮前区の遺言・相続専門の女性行政書士 宇佐美です。

今月は、何度も銀行へ足を運びました。
待ち時間が長いので、担当の方とお話をしたり、お茶をご馳走になったり、雨が降ると傘をお借りしたりと大変お世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。
「ありがとうございました」とご挨拶すると「がんばってくださいね」と温かい言葉をかけていただき、疲れているのに足取りが軽くなったりします。

相続でたいへんなことの一つは、銀行の手続きです。
まず、通帳を探す。
通帳がみつかったら、銀行へ行って、残高証明をもらう。
そのときに必要なものは、
・死亡の事実がわかる戸籍謄本 
・相続人であることが確認できる戸籍謄本等
・相続人本人であることが確認できる運転免許証等
・印鑑証明と実印
これをもって、すべての銀行へ行きます。
一つの銀行に1時間程度かかることもざらです。
そして、相続手続きの書類をもらって、必要書類を集めます。
これは、遺言書があるか、ないか、遺産分割協議書があるかなどケースによって、集める書類が違います。

なにもよりも面倒なのは、金融機関によって、書類が違う。
つまり、書き方が違うので戸惑います。
何度も電話で確認したり、銀行の窓口へ足を運んで確認をします。

ご高齢だったり、お仕事があって休めないと方には、とても大変な作業となります。
当事務所では、そんな方のお手伝いもできます。
戸籍を集める、銀行に行く。面倒な作業はお任せください。

遺言・相続・後見のご相談は「かわさき相続相談室 宇佐美行政書士事務所」へお問合せください。





posted by こうさぎママ at 21:25| Comment(0) | 開業

2018年04月29日

行政書士って何ができるの?

今日は、整体に行ってきました。そこで「行政書士って何をする人なの?」と質問されました。
前回の治療では、医療費控除について聞かれました。
そう、どの士業の仕事かよく判らない。当然です。
「特許の申請はできるの?」 「特許は弁理士です」
「登記は?」 「登記は司法書士です…」
「じゃあ、行政書士は?」この説明は難しいです。

神奈川県行政書士会ののパンフレットによると
「行政書士は、許認可・登録申請、遺言書の作成や相続手続き、いろいろな契約・届出等の相談から書類作成までサポートしています。」
うーん、わかるようでわかりませんね。

行政書士は、こんな相談をうけることができます。
●遺言書にはどんなことが書けるの?
●遺産相続手続きや、遺産分割協議書の作成はどうしたらいいのかしら?
●成年後見制度のことが知りたい
●訪問販売により契約を解除したい。クーリングオフってどうやるの?
●交通事故の保険金請求、示談書の作成について教えて欲しい
●外国人のビザや、永住、帰化の手続きなど、難しいのかしら
●著作権の登録をしたいのだけど、どうしたらいいのかな?
●建設業許可の取得や、入札の手続きはどうやるのだろう?
●会社を作りたいのだけど、まず何から始めればいいのかな…
●飲食店、スナック、リサイクルショップなどを始めたいときは?
●自動車の名義変更、車庫証明書をお願いしたいのだけど
(神奈川県行政書士会パンフレット 引用)

イメージ湧きましたか?行政書士が扱える書類の数はなんと10,000種以上に及ぶといわれています。
なにか、相談したいことはありましたら、お気軽にご相談ください。FAX:044-873-5656

posted by こうさぎママ at 23:25| Comment(0) | 開業

2018年04月27日

名刺が届きました

こんばんは。
たまプラーザの女性行政書士 宇佐美です。

プリントパックで注文した名刺が昨日届きました。
この名刺はブログにも使われているロゴのうさちゃんが入っています。友人がデザインしてくれたものです。
たくさんの方にお会いして名刺をお渡しして、ご縁がありますように。

家族や友人の応援があって、開業することができました。本当に感謝しております。
「京ちゃん、行政書士になれるとええなぁ」と楽しみにしてくれていた母は、この2月に亡くなりました。がんばるからね。
posted by こうさぎママ at 21:00| Comment(0) | 開業