2018年10月08日

順番に逝くとは限らない 予備的遺言

こんばんは。人生100年時代のパートナー 川崎市宮前区の遺言・相続専門の女性行政書士 宇佐美です。

今日、出会った60代の女性のお話しです。お仕事ではありません。たまたまスーパーのベンチで隣に座って世間話をして、なぜかジュースをご馳走になってしまいました。
その方は、8年間お仕事をしながら、遠距離でご実家のお母さまの介護をされていたそうです。お母さまと独身のお兄様が一緒に暮らしていて、日常生活はお兄様が世話をしていました。介護のために、お家まで新築した頑張り屋のお兄様。でも、突然お兄様が亡くなったとか。そこから、お母さまを施設にいれる手続き、誰も済まなくなった実家をどうするかなど、決まるまで何度も往復されました。だから、自分の最後のことはきちんと決めておきたいと考えておられるそうです。
これは他人事ではありません。私の実家の父の生活を見てくれている弟。弟は私より若いからといって、私が先に逝くとは限りません。
ここで、お名刺を渡して「ご相談に乗りますよ」ということもできました。でもね。きっとこの方は、誰かとお話をしたかったと思ったので、「ご馳走様でした。また、どこかで」と言ってさよならをしました。

人生、なにが起こるかわからないです。人は年の順番に亡くなるわけではありません。
亡くなったら、本人はなにもできません。だからこそ、残される家族のためできることをしませんか。

遺言には、「第○条 遺言者〇〇(夫)は,遺言者の有する一切の財産を,妻●●(昭和○年○月○日生)に相続させる。
第○条 遺言者は,遺言者の死亡以前に妻●●が死亡したときは,・・・」というように、予備的遺言をすることができます。

うちの場合は、どう書いたらいいのかしら?と思われた方は、10月25日の「はじめての遺言書教室」にご参加ください。詳しい内容はチラシでご確認ください。

遺言・相続のご相談は「かわさき相続相談室 宇佐美行政書士事務所」へお問合せください。

posted by こうさぎママ at 21:19| Comment(0) | 遺言

2018年09月14日

遺言書にないタンス貯金がでてきたら

こんばんは。人生100年時代のパートナー 川崎市宮前区の遺言・相続専門の女性行政書士 宇佐美です。

今日は、鷺沼駅住まいと暮らしのコンシェルジュの2階セミナールームでこがも会のセミナーを行いました。タイトルは「相続税が心配 〜相続税はかかる?かからない?〜」でした。ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

「遺言書に書かれていない、たんす貯金がでてきたらどうすればいいの?」
私の母は2月に亡くなりましたが、やはりたんす貯金でてきました。高齢者の方はたんすやベッドの下などに現金をおかれていたりしますよね。遺言書に書かれていない財産は、遺産分割協議の対象になります。
つまり、相続人全員でどう分けるかを話し合って、全員の合意を得なければならないのです。時間もかかりますし、面倒ですよね。せっかく書いた遺言書がきっかけで、残されたご家族がもめることだってあり得ます。では、どのように書けばよかったのか?

「その他の現預金は、△△に相続させる」「その他の現預金は、法定相続分通りに相続させる」などが考えられます。
相続はご家庭によって事情が違います。うちの場合はどうなるのかしら?と迷われたらご相談ください。

遺言・相続のご相談は「かわさき相続相談室 宇佐美行政書士事務所」へお問合せください。





続きを読む
posted by こうさぎママ at 22:00| Comment(0) | 遺言

2018年09月02日

公証証書遺言を作るときに必要な書類

こんばんは。「人生100年時代のパートナー」川崎市宮前区の遺言・相続専門の女性行政書士 宇佐美です。

今日は、公証証書遺言を作るときに必要な書類についてです。

・遺言者の印鑑登録証明書(3か月以内)
・遺言者の戸籍謄本
・相続人の戸籍謄本
・財産をもらう人が相続人でない場合は、住民票
・財産のなかに不動産がある場合は、不動産登記簿謄本、固定資産評価証明書  
・貯金をされている金融機関名・支店名・口座番号等が分かるもの
・証券会社の社名・支店名・口座番号等が分かるもの
・証人予定者のお名前、住所、生年月日及び職業をメモしたもの
・証人、相続人以外の人が遺言執行者になる場合は、お名前、住所、生年月日及び職業をメモしたもの

公正証書遺言を作成するのには、上記の書類が必要です。たくさんありますね。
もちろん遺言の内容のメモは忘れないでください。
役所での書類の取り寄せ、必要書類の作成は、慣れない方にとっては非常に大変な作業となります。
手軽さや正確性を優先するなら、専門家にご相談ください。

ちなみに、公正証書遺言書を作成したら、公証役場が遺言執行をしてくれると勘違いされている方がいらっしゃいますが、都市伝説ですのでお間違いなく。

公正証書遺言作成のご相談は「かわさき相続相談室 宇佐美行政書士事務所」へお問合せください
posted by こうさぎママ at 21:02| Comment(0) | 遺言