2021年01月20日

短期記憶障害って?

こんばんは。人生100年時代のパートナー 川崎市宮前区の遺言・相続・後見専門の女性行政書士 宇佐美です。

短期記憶障害という言葉をご存知ですか?
アルツハイマー型認知症などが原因で、短期の出来事が記憶できなくなることです。
例えば、「さっき、お昼ご飯はなにを食べましたか?」聞いてもわからない。
ただの物忘れとは違います。
物忘れは思い出す作業ができます。
短期記憶障害は、まるっと記憶からなくなっています。

先日、義母がとても困った声で電話をしてきました。
「妹の様子がおかしいの。」
「宅急便を送っても、受け取っていないというし、不在連絡票もなくしたみたい。電話をまたしても、さっき電話したことを覚えてない様子でどうしたのかしら・・・。」

「お母さん、それって認知症ですよ。短期記憶障害っていって、最近のことはすぐに忘れてしまいます。昔のことは覚えているでしょう。」

「そうなのよ。」

「認知症なのかと本人に言ったら、そんなわけないと怒りだすし。そっとしておくしかないのかしら?」


おひとりで暮らしている方をサポートしていていると同じような場面に遭遇します。

携帯電話で普通に会話しているから、切ったあとに「誰からでしたか?」と聞いても、「さぁ・・・。誰でしょう。」と言います。

「工事の人が10時にきますからね。」と事前に電話しておいても、忘れてしまって追い返してしまう。

でも、忘れたことを怒ってはいけないのです。

このようなおひとりさまをサポートする場合、ご本人の状況を理解して、思い出してもらう工夫をします。
訪問したときにカレンダーに次の訪問日に〇をしてくるとか、携帯への連絡は、前日と直前にするなどです。
なんだ、私たちの忘れないようにするのを同じじゃない。
そうなんです。でも、自分でできないから、周りのフォローが大切になります。
もちろんケアマネージャーさんと情報共有をして、生活を見守ります。

遺言・相続・後見のご相談は「かわさき相続相談室 宇佐美行政書士事務所」へお問合せください。
遠距離介護でお悩みの方のご相談も受けたわまります。
posted by こうさぎママ at 22:33| Comment(0) | 後見

2020年12月18日

「安田まゆみのマネーサロン」にゲスト参加します

こんばんは。人生100年時代のパートナー 川崎市宮前区の遺言・相続・後見専門の女性行政書士 宇佐美です。
明日は、FPの安田まゆみ先生のオンラインセミナーにゲスト参加します。

安田まゆみ先生は、「そろそろ親とお金の話をしてください」という本を出版されていて、ご縁があってお声がけいただきました。
興味のある方はこちらから参加申し込みをしてください。
コロナ禍ですっかりオンラインセミナーも定着していますね。
今年は直接お話をする機会がほとんどなかったので、楽しみです。
ご参加お待ちしております。

◆マネーサロンいよいよ今週末開催◆
「安田まゆみのマネーサロン」
ゲストと一緒におしゃべりしましょう

日時:
12月19日(土)14:00〜16:00
参加費:無料

ゲストの貴重なお話を聞きつつ、
(各自で用意した)美味しいお茶とお菓子をいただきつつ
楽しくおしゃべりしようと考えています。

今回のゲストは、行政書士の宇佐美京子さんです。
成年後見人を引き受けられていらっしゃいますので、
後見人のお仕事などをお伺いしようと思っています。
また、遠距離介護もされていらっしゃいますので、
その体験もお伺いできたらと思っています。

■お申し込みは、こちらからお願いします。
http://sv4.mgzn.jp/sys/rd.php?m=cBcd9Hh3h2zHXPPlKlpHc


遺言・相続・後見のご相談は「かわさき相続相談室 宇佐美行政書士事務所」へお問合せください。
遠距離介護でお悩みの方のご相談も受けたわまります。

宝島社「素敵なあの人特別編集 おさらいしたいお金のことぜんぶ」 に「遠距離介護という選択」というタイトルで掲載されました。
老後のお金に不安だと思われている女性におすすめの本です。


posted by こうさぎママ at 20:29| Comment(0) | 後見

2020年08月30日

生年月日はいつですか?

こんにちは。人生100年時代のパートナー 川崎市宮前区の遺言・相続・後見専門の女性行政書士 宇佐美です。

今月は、被後見人さんのお誕生日でした。
入所されているホームへ予約をいれておいたので、面会に行きました。
「どうして変なものが前にあるの?。見えづらいし、聞こえにくいわ。」
「この前もそう言ってたね。コロナの感染予防のためだから我慢してね(仕切り越しにトントンとして手と手を合わせる)。」
「お誕生日おめでとうございます。頼まれていたものを持ってきましたよ。」
「覚えていてくれたの? 今日はね、いろんな人がおめでとうって言ってくれたんですよ。自分はすっかり忘れていたのにね。」
今まで見たこともない笑顔です。
ひとりでずっと生きてきた彼女。
ホームにいると、一日中誰ともしゃべらないってことはない。
大好きな鰻は食べれないけど、こんなにたくさんの人からおめでとうって祝ってもらえる。
自分がもし、その日会う人会う人に「お誕生日おめでとう」って言ってもらえたら、とっても嬉しい。
コロナ禍の中、がんばって施設を探してよかった。

お誕生日は、たくさんの書類にかいたり、病院へ付き添ったりするときに、「お名前と生年月日は?」と聞かれるので、自然と覚えます。
来年も元気でその笑顔みせてくださいね。
また来月会いに行くから待っていてください。

遺言・相続・後見のご相談は「かわさき相続相談室 宇佐美行政書士事務所」へお問合せください。
posted by こうさぎママ at 16:24| Comment(0) | 後見