2019年03月17日

「”もしも”に備える老後の金銭管理と後見の活用」講座終了しました

こんばんは。人生100年時代のパートナー 川崎市宮前区の遺言・相続専門の女性行政書士 宇佐美です。

昨日は「”もしも”に備える老後の金銭管理と後見の活用」にご参加くださった皆さまありがとうございました。
参加された方々とお話もいっぱいできました。その中で2つご紹介します。

ひとつめ
横浜市では高齢者の見守りを民生委員さんがされています。青葉区のホームページにも掲載されています。
こういったサービスがあることをご存知ない方が多いのではないでしょうか。
独居の高齢の方は、こういったサービスを利用して、ご自身の異変に気付いているるようにしておくとよいですね。

ふたつめ
参加者のお子さまがお勤めの会社では5年前に社員向けに、高齢の親やが急に亡くなっても対処できるように親子で準備すべきことを講師を招いてレクチャーしたそうです。遺言書もエンディングノートもなく、日頃からそういった会話もない場合は、親御さんが亡くなると手続きに時間がかかります。やはり、親子で日頃からそういった話をしておくのは大切だと実感しました。

死んだ後のことは知らないわとはいきません。ご家族の方やまわりの方へお伝えすべきことは残しておきましょう。

遺言・相続・後見のご相談は「かわさき相続相談室 宇佐美行政書士事務所」へお問合せください。



posted by こうさぎママ at 21:14| Comment(0) | セミナー

2019年02月28日

介護・老後の対策 無料講座のお知らせ

こんにちは。人生100年時代のパートナー 川崎市宮前区の遺言・相続専門の女性行政書士 宇佐美です。

次回のセミナーのご案内です。

タイトル:「”もしも”に備える老後の金銭管理と後見の活用」
日時:3月16日 14:00〜15:30
参加料:無料
場所:まちなかbizあおば (東急田園都市線「たまプラーザ」駅北口より徒歩 5 分 「昭和調剤薬局」のお隣・「城南信用金庫」向い)
参加費:無料
定員:10名

今回は、介護・老後の対策の話をします。後見制度や話題の家族信託を理解して「今しかできない準備」をしませんか。

・親が認知症になったら銀行預金はおろせないの?
・親を施設に入居させたいから実家を売りたい
・子どもが遠くに住んでいる、身寄りがいないので、認知症になったらどうなるの?
・子どもには迷惑をかけたくない

親御さんが心配な方、子どものいらっしゃらない方は是非ご参加ください。

20190316tirasi.jpg

定員がございますので、申込フォームもしくはお電話にてお申込みください。
参加される方でご希望がございましたら個別相談も承ります。お申し込みの際に「個別相談も希望」とお伝えください。


遺言・相続・後見のご相談は「かわさき相続相談室 宇佐美行政書士事務所」へお問合せください。

2019年02月17日

遺言書教室終了しました

こんばんは。人生100年時代のパートナー 川崎市宮前区の遺言・相続専門の女性行政書士 宇佐美です。

2月16日に第3回「はじめての遺言書教室」を開催しました。おかげさまで、地域の方にたくさんご参加いただきありがとうございました。
今回は、実父の遠距離介護の合間をぬってのセミナーでした。父が「待ってくださっている方がいるのだから、がんばってきなさい。」と送り出してくれました。また来週末帰ります。日曜には母の一周忌もあります。

母の介護は、父と弟が毎日たいへんな思いをしていました。私は、時折帰ってお手伝いをしていました。ですから、父が動けなくて、弟も仕事へ行なかくてはならない事態の中、ひとりですべて対応しなければなりません。
身の回りの世話はもちろんのこと、介護ベットの手続き、府民税の申告、ケースワーカーさんと相談して入院できる病院を探す、通院のために介護タクシーを手配するなど、やることは山のようにありました。1週間、鏡を見なかったと帰りの新幹線の中で気が付きました。
骨折をして介護が必要なだけでも、たくさんの書類に署名し押印をしました。
これが、身寄りのない方だったら、誰が署名し押印をするのでしょうか。
後見人の仕事は簡単にいうと「判子を押す人」です。法律行為を代わってしてくれるのがお仕事です。
次回、3月16日は後見制度についてお話をする予定です。また、ブログでお知らせします。

遺言・相続・後見のご相談は「かわさき相続相談室 宇佐美行政書士事務所」へお問合せください。
posted by こうさぎママ at 23:40| Comment(0) | セミナー